投げ込まれたシーズーさん

ぽとふママさんが書かれていた、投げ込まれて捨てられていたシーズーさんですが、残念ながら先ほど亡くなってしまったそうです。
詳細は、記事を書かれたぽとふママさんのブログをご覧いただければと思います。

預かっていた方も関わる方も手を尽くされ、北斗という素敵なお名前もつけてもらって、最後は人の元から旅立っていきました。仕事中にこの訃報を知り、現在、涙をこらえるのに必死です。

ペットショップで華やかに売られている子たちがいる一方で、このように悲しくそして許し難い現実があること、ペット王国といわれる日本なのに、毎日殺処分される犬猫が後を絶たず、いったい何がどうなってしまっているのか、本当に考えさせられる毎日です。

私は現在、シーズー保護団体「Angel’s Tale」より「ポプラ」と仮に名付けた飼育放棄シーズー10歳を預かっています。里親さまになってくださる方が現れるまで、微力ではありますが、自分にできる精一杯のことをポプラにはしてあげたい。この子には絶対に幸せになってもらいたい、改めてそう感じました。

元記事を書かれたぽとふママさん、お疲れさまでした。
そしてこの記事を上げてくださって、本当にありがとうございました。

 icon-arrow-circle-down Amebaブログでのコメント

1 ■無題
記事をあげていただきありがとうございました。

またあちらこちらのセンターに五頭収容されてますね。ひっきりなしですね。
ぽとふママ 2011-08-18 07:47:35


2 ■Re:またですか…
>ぽとふママさん
センターの収容情報見ました。
本来はゼロであるべき収容情報、
なぜこうも減らないのでしょうね…
本当に迷子?みたいな子もいますしね。
怒りを通り越して、言葉も出ません。
さぼてん 2011-08-18 10:34:36


 

投稿者: さぼてん

グラフィックデザイナーです。趣味は携帯ストラップ収集、ブログでは犬猫のことを書いてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。