食道カテーテル

ポプラちゃんは、Angel’s Taleの卒業わんこ。
最強シーズー、ここにあり!

食道カテーテルをつけてから1ヶ月、子分のその後ですが消化管の調子も改善され、ちゃんと良い便も出て、元気になってきました。

子分ちゃん

今年はサーキュレーターの前をポプ子から見事に奪取したようで、連日フワフワと風に吹かれてます。ていうか、ポプ子も横にいるんですけどね。

ほらね

そう簡単にベストポジションを譲るワケもなく、ちゃんとポプ子も風を浴びてます。
何というか…あーたは、ちゃんと涼しい場所を狙って座ってるのね、ポプ子。


今回、子分に食道カテーテルの処置をしてもらう時にネットで調べまくったのですが、犬での事例が少なく、皆さん猫ばかり…てことは、もしかして必要な方がいるかもなので、犬の例として子分のカテーテル給餌について、ちょっと書いておきます。
長いので必要ない方はスルー推奨でございます。

1食30gで作ります

腎臓が少し悪いので、フードはアニモンダのニーレン(ドライ)にしました。
朝・夜30gずつ、計60g(1日分)をミルサーで粉末にして、冷蔵庫で保存しておきます。
(参考)animonda ニーレン
https://www.animonda.co.jp/lineup/dog_protect2.html

塊が残ってないかチェック

ドッグフードのような硬いものをバリバリ砕けるミルサーを探すのが難しく、実際にフードを砕いてる方のブログを参考にして、TESCOMのミルサーにしました。
昨年、親分のために購入したものが、今になってチョ~役立ってます。
(参考)TESCOM ミル&ミキサー
http://www.tescom-japan.co.jp/products/kitchen/mill_mixer/TML161.html

基本のお食事セット

薬は動物病院からお借りしてる乳鉢(写真上)で細かくすりつぶします。
薬は10mlの湯、フードは60mlの湯で延ばしておきます。お湯の温度は人肌程度です。
これに最後の洗浄用の湯を合わせて、合計で100ml程度をシリンジで入れていきます。
(与える量は子分の体重から算出して主治医と相談して決定。これを1日2回やります)

1・カテーテルの先端についているゴムキャップを外し、空のシリンジをセット
2・空のシリンジを引いて、中に引き戻されるかを確認
カテーテルがちゃんと入っている事を確認するため、この作業は必ずやらないとダメです。
3・薬を溶いたものをシリンジで吸い上げ、ゆっくり注入
4・続いてフードを延ばしたものをシリンジに詰め、ゆっくり注入
空気が入るとゲップや嘔吐の原因になるので、シリンジを上向きにしてトントンやって空気を抜きます。
5・最後に30ml程度のぬるま湯を流してカテーテルを洗浄
6・カテーテルと皮膚の接合部分をアルコール綿で消毒(赤くなっていたら軟膏を塗る)

以上がカテーテルでの給餌方法ですが、我が家はドライフードを使っているので、シリンジを押し込むのに力がいります。ダンナさぼてんが頑張ってくれていますが、ウェットフードや流動食なら、もっと簡単に注入できるんではないかと思います…

毎日使ってたらカテーテルが汚れて詰まるんではないのかしら?と心配だったのですが、月に1回程度、動物病院で専用ブラシみたいなもので掃除してもらえばOKだそうです。

1日に必要な栄養(フードの袋に書かれた量)をこのカテーテルから与えてますが、口からも飲んだり食べたりしてますので、自力で食べた量や飲んだ水の量を見ながらシリンジで注入する量は増減させています。お腹がタプタプしちゃいますのでね。

肉炒め中のキッチン入口

というわけで、美味しく食べてもらうための豚ひき肉を炒めたりしてる最中、
お肉の香りに誘われてキッチンに集合。肉を食べないくせに、ミニ夫が最前列 Σ(゚Д゚;)アラマッ

普通に食べてます

豚のひき肉炒めは、何の躊躇もなく普通に食べてくれてます。ちなみに、これにシレッと少しだけドライフードを混ぜたら食べちゃいましたが、やっぱり不思議そうな、納得してなさそうな顔をしてたので(バレる寸前ともいう)フード混ぜ込みは、様子を見ながらちょいちょいやってみようかと…

このよーに、一応はフードも食べましたし、ヤギミルクボーロやササミジャーキー、おすわりくんといった、犬のおやつ的なものも食べる時は食べるのでひとまず安心です。


更新ついでにポプ子大先生の様子もちょろっとだけ…
さすがの最強シーズーも14歳を過ぎ、寝る時間が早くなってきてるご様子。夜の10時にもなると、さっさと寝室へ移動して飼い主のベッドで爆睡しています。

モサるポプ子の寝顔

あんまり暑い日は、ポプ子のためだけに寝室にエアコンを入れるという (・Θ・;)
ぐーすかぴーすか大いびきで寝てらっしゃいますけど、モサってきたのでトリミングへ。

クッションをガン舐め中

すっきりさっぱりして帰ってきたのですが、テンション高めでクッションを舐めまくって動くのでちゃんと写真が撮れませんでしたー。そんなに舐めて、よく飽きないわねぇ。ダンナさぼてんのゴロ寝クッションが、ポプ唾液でベッタベタになったのでした。

<本日のオマケ>

ミニ夫にゃん近影

遊び足りないのか、通りがかりにふくらはぎをカプッと甘噛みされるので、猫じゃらしで遊んだりしています。まだまだ子供なミニ夫にゃん。

 icon-arrow-circle-down Amebaブログでのコメント

1 ■うちも
JUMBOの胃チューブの時に猫さんが圧倒的に多かったです。
専用のお洋服も作りました。

うちはa/d缶だったのでミキサーでしたが、ドライだと大変ですね。
でも、子分ちゃんのいいお顔見られて良かったです♪
穏やかにゆっくり頑張ってね!
み~ 2015-08-24 17:11:01


2 ■なるほどφ(・_・”)メモメモ
症例が少ないとほんと大変でつよね(。>_<。)
シニアのわんちゃんとか病気のわんちゃんにとってこーゆー記事ってとぉっても助かると思いまつ☆
姫mama 2015-08-24 17:32:26


3 ■Re:うちも
>み~さん
やっぱり猫ちゃんばっかりでしたか。
チューブ用の服も猫用は売ってましたが
犬用ってのはないから作るしかないかしらん・・・
与えるのは缶でも流動食でも良いんですけど、
コストを考えて(汗)ドライフードにしていますー。
さぼてん 2015-08-24 18:03:48


4 ■Re:なるほどφ(・_・”)メモメモ
>姫mamaさん
親分の15歳肝臓がん手術の時もそうだったんですが
今回の子分も同じようなわんこさんが見つからず
どなたかのお役に立てれば良いんですけども・・・
少しずつ食べてくれてるので、引き続き頑張ります!
さぼてん 2015-08-24 18:05:08


5 ■こんばんは☆
いつもblog更新楽しみにしてます(*^^*)
ついカテーテルと言う言葉に反応していまいコメントしちゃいましたぁ!
子分ちゃんカテーテルしてから元気になってきて良かったです(^-^)
うちのこまめさんは鼻からカテーテル入れてましたよ‼
カテーテルって慣れちゃうと大丈夫なんだけど、それまでが大変ですよねぇ(;´д`)

子分ちゃんこの調子で元気になって、ゆっくり穏やかな時間を過ごしてね☆
まんま32 2015-08-24 19:24:54


6 ■Re:こんばんは☆
>まんま32さん
鼻だと、食道より慣れるのに時間がかかりそうですね。
うちの子分はだいぶ慣れて、元気になってきたので
やっぱり処置してもらって良かったです(^ ^)
さぼてん 2015-08-24 19:31:58


7 ■無題
子分ちゃん調子がよくなってきて
よかったですね♪
味覚、嗅覚が衰えちゃうお年頃だから
お口から食べなくなる子も多いそう。
調子がよくなってもっとお口から
食べれるようになるといいですね~

あるる 2015-08-24 23:31:18


8 ■参考になりました
子分ちゃん、元気が出て、おやつも食べられるようになって、
良かった。
食べられなくなった時、どうしたらいいのかと、
悩みました。
あの頃はこんな方法があるとは知らず。
参考になりました。
ナナママ 2015-08-25 08:04:54


9 ■Re:無題
>あるるさん
たしかに・・・嗅覚が衰えてる感じはします。
かなり長いこと嗅いでから食べ始めたりしますんで
年齢なりに色々あるんでしょうね。
顔はいつまでたっても赤ん坊なんですけどねぇ。
もうちょっと自力で食べてくれるよう、頑張ってみますー。
さぼてん 2015-08-25 09:12:07


10 ■Re:参考になりました
>ナナママさん
わたしも先生からの提案で、はじめて知りました。
胃ろうや食道ろうって言葉だけ聞くと、
口からの食事ができないのかと思ってたんですが
普通にご飯を食べながら栄養管理ができるというので
衰弱を抑えるために思い切って処置してもらいました。
結果、少しずつ食べられるようになってきたので良かったです。

親分が最後の1週間前まで普通に完食していたので
この食欲不振は戸惑っていますが、引き続き頑張りますー。
さぼてん 2015-08-25 09:16:23


 

投稿者: さぼてん

グラフィックデザイナーです。趣味は携帯ストラップ収集、ブログでは犬猫のことを書いてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。