疑惑の男

今回の主役はこの男です。
ミニ夫は多分6歳くらい、元ノラ猫そしてドラ猫、とっても肥満体の甘えん坊主。

熟睡中

男のクセにハート柄のベッド、無駄にラブリーですみません。ミニ夫、以前の家ではひとりっ子だったのに、なぜか犬とも上手くやっていけるナイスガイ。先代の子分&ポプ子とは仲良くできていたのですが、かな&ゆかお嬢とは、どうなんでしょうか。

プロレス見学

目の前で繰り広げられるワンワンプロレス。かなり激しく取っ組み合ってるんですが、それを冷静にジーーーーーーッと見つめたりしています(フリーズしてるとも言う)。

食事は一緒に

なんだか知らないけど、かなゆかと一緒に食事がしたいらしく、わんこご飯の用意をしているとキッチンにやってきてシレッと待ってます。で、みんなで仲良くお食事タイム。
かな&ゆかお嬢の器がからっぽなのは、秒殺で完食しているためです。早いのなんのって。


犬と共存できるナイスガイ・ミニ夫ですが、年に一度の詳しい健康診断で出た血糖値は311(基準値は63-132mg/dl)という高血糖ガイでもあるため、2ヵ月に1度は検査のために通院しています。

どきどきどき

猫ですのでね、車での移動時はキャリーに入ってもらいます。たまに「ナ〜〜〜〜〜」と鳴きますが、基本無言で固まってます。病院では尿検査&血液検査、ついでにちゃっかり爪切りもお願いしました。

セーフ

尿検査の結果です。このチップみたいなやつ、上から2番目が緑色になると尿糖が出ているそうで、ひとまず大丈夫でした。でも血液検査では、血糖値が255と相変わらずの高血糖。残念なから糖尿疑惑は晴れず…また2ヵ月後に再検査になった疑惑の男です。

これじゃないとダメなんです

とにかく血糖値が高いので、食事は糖尿病の療法食を与えてます。この手の療法食ってあまり美味しくないから食べてくれなかったりするんですが(さぼてん家・親分子分ポプ子の過去データによる分析)ミニ夫は気に入っているのか普通に食べてます。この食事療法と運動で徐々にダイエットするように指示されてるんですが…

腹が垂れてるよね

ちょっとは痩せたと思ってたけど、もしや勘違いだったのか?!お世辞にも痩せたとはいえないフォルムだな…だけど、運動っつってもミニ夫は猫じゃらし系のおもちゃを怖がるので、どうしたもんかと思っていたところ。

なにするニャ

ダンナさぼてんが散歩でもさせようと思ったらしく、犬用ハーネスを着けてました。「ミニ夫!ミニ夫!」と声をかけても歩くわけもなく「ニャニャニャニャ」と大騒ぎ。結局、爪とぎの上から1ミリも動いてくれないという悲しい現実。

もう寝るニャ

寝ている時はこんな感じでダラつきまくり…これじゃあ痩せないよね(飼い主もな)。目標体重5kgまでの道のりは、まだまだ遠いミニ夫さん。ふぅ、どしたら運動してくれるんだか。

にほんブログ村 猫ブログ デブ猫へ 猫ブログ デブ猫へ

投稿者: さぼてん

グラフィックデザイナーです。趣味は携帯ストラップ収集、ブログでは犬猫のことを書いてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。