乾燥おやつと夜桜

ダンナさぼてんのヨドバシカメラのポイントで買ってもらった「フードドライヤー」。出し入れがちょっと面倒な大きさ(直径30cm)なので、出したついでにドライ野菜も作ってみることに。では、いってみよう!

見てるね

フードドライヤーから美味しいものが出てくると思ってしまった、かなちゃんお嬢とゆかちゃん大王。野菜をトレイにセットするのをずっと見てました。

プチトマトとゴボウ

上段でプチトマト、下段でゴボウを乾かしてみます。ちなみにこのトレイは5段ありますが、全部積み重ねると相当な圧迫感があるので、必要最小限で使ってます。

後方を通過中…

お嬢はちょんまげを揺らしながらキッチンで飼い主をぴったりマーク。一方、暴れん坊の大王は、自分のベッドにおもちゃを入れて、せっせと廊下に運び出し中。ちょっとやめれー!

ゴボウ茶

廊下に向かって進む大王とベッドを横目で見つつ…水分が少ないゴボウは3時間で乾燥終了。お湯をそそいでゴボウ茶にしてみましたが、ふやけたゴボウとただのお湯という悲しい仕上がりに。ゴボウたっぷり入れないとダメなのね。

プチトマトはカリカリになるまで(8時間くらい)乾燥を続けました。美味しくできたので、トマト好きなお嬢と大王のご飯にトッピングしよう。そんで、暴れ大王はどうした?

気が済んだようで

廊下の真ん中に、ベッドごとほっぽらかしてありました。しかしまあ、ずいぶん長い距離を運んじゃって…見てる時に触ると、同じことを繰り返されそうなので、見てない時にコソッと元の位置に戻しておきました。


さて、4月といえば狂犬病予防接種の季節です。我が家の主治医は他県なので、狂犬病だけは近所の動物病院で済ませることにしました。

ガクブル姉妹

親分・子分・ポプ子は老犬&悪性腫瘍などで猶予証明だったんで、狂犬病の注射に行くのはかれこれ6年ぶり。初めて行った病院で、緊張しまくる大王とお嬢の図。うんともすんとも言わず、おとなしく良い子にできました。


そんな良い子には、ご褒美の乾燥お肉シリーズ・第2弾をプレゼントしちゃおうかしらね。というわけで、片付けてから5日で早くも再登場するフードドライヤー。デカいね、しかし。

茹でます

前回は生のササミを乾燥しましたが、だんだん暖かくなってきて生肉だと心配なので、今回は茹でた鶏胸肉を使います。まず、人間の一口大に切った胸肉を軽く茹でます。

チェックされます

なんだか知らないけど、匂いを嗅ぎつけたミニ夫が足元に…そういえばあーたも鶏肉が大好きなんだったね。ミニ夫に話しかけてるうちに茹であがったので、今度は犬猫の一口大に刻みます。

刻みます

鶏胸肉1枚全部を5ミリ角くらいに刻んで、下ごしらえは終了。茹でただけの段階で食べたい方たちが群がります。仕方がないので、少しだけ味見ね。

並べます

ささ、小さく切ったトレイに均等に並べます。仕上がり目標は「ひとくちチキンビッツ」です。うまくできるかなー…とりあえず3時間乾燥でスイッチON。ぶおーーーーーん。

3時間経過

見た目は、やわらかジャーキー風じゃなーい?早速、飼い主が毒味という名の味見をば。ケンタッキーの衣を剥がしたお肉から塩気を抜いた感じで(なんだそりゃ)これは犬猫さん大好き系の味。試しにあげたら、全員大騒ぎ。うまくできたみたいで良かったわー。

完全に乾かさず、少し柔らかい状態で完成ということにしました。70℃で3時間乾燥、手でちぎれるくらいの硬さです。乾燥剤と一緒に冷蔵庫に入れておけば、3〜4日は持つかなぁ。


そういえば桜が咲いてるのに、わんこと桜の写真を撮ってなかった。おまけにこの土日は雨模様だったので、止むのを待って、夜桜見物に公園まで出かけました。

強引に記念撮影

ダンナさぼてんが抱っこして、飼い主さぼてんが下から撮影するという、かなり強引な方法でどうにか撮ってきました。それにしても、桜ってこんなに白いんだっけか…

昨夜の桜

今朝の散歩で、昨日の夜桜を確認。やっぱ白いよなぁ。そして、何か貼ってあるね。ちょっと寄ってみましょう。

誰?

この白い人、ソメイヨシノじゃなくて、オオシマザクラさんでした。そりゃピンク色じゃなくても仕方ないね。てなわけで、向こうにピンクの桜があるんで、気を取り直して再撮影。

桜どころではなく

お嬢も大王も花はどーでもいいようで、地面をクンスカ嗅ぎまくり。残念すぎるショットですが、かろうじて左上に桜が入ってるので、今年はこれで良しとする(妥協ーーー!)

<本日のオマケ>

わんこサークル内の水飲み場にて、ミニ夫に先を越されたかなちゃんお嬢。空くのを待って、ちゃんと順番が守れる良い子ちゃんです。

にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ犬ブログ シーズーへ

投稿者: さぼてん

グラフィックデザイナーです。趣味は携帯ストラップ収集、ブログでは犬猫のことを書いてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。